弁護士の選び方

TOP > 旦那にバレた > 弁護士の選び方

悪徳弁護士に当たらないために

債務整理や自己破産などの手続きは弁護士または司法書士)に相談することになりますが、最近ではテレビCMやインターネット広告でも多くの債務整理を受付してくれる弁護士事務所などが紹介されています。

実際のところ、何をどう比較して依頼すればいいのかなんてよくわからないですね。料金や事務所の場所・・・などぐらいと思っていると悪徳弁護士に捕まってしまいますから、弁護士選びは慎重にいきましょう。

弁護士選びのポイント

事前無料相談サービスを利用する

最近の弁護士は事前に無料で相談できるサービスを行っています。これを利用しない手はないので、是非利用してください。複数の弁護士から話を聞くことによって自分がこれからどんな風に手続をしてくいのかが分かりますから、その内容を聞いたり、弁護費用の支払い方法やその内容などもよく確認しましょう。複数聞くことによって、変なことを言っている弁護士がいたらそおは依頼しなければ良いのです。

費用の説明を明確にしてくれるか

悪徳弁護士の特徴は過払い金を取り戻すことができたが、それ以上の報酬の要求をされたり、必要以上の報酬額の要求があります。まず、報酬がいくらぐらいかかるのか、支払い方法(分割払いが可能かなど)をきちんと確認しておくべきです。

弁護士との相性がいいかどうか

そんなこと?と思いますが、結構大事なことなんです。人間誰しも第一印象がいいか悪いか、またその人と話が合いそうか(話し方や口調など)といのは直感的にわかると思います。それを信じたほうがよいです。債務整理や自己破産などの手続きは信頼関係が構築されないとうまくいきませんから、信頼でき、気軽に相談できる人かどうかを判断してください。

契約書があるか

弁護士を利用するには「お金」がかかりますし、細かい決め事もあります。弁護士の先生だから口約束でも大丈夫!!なんてことはないのできちんと書類で契約内容や報酬に関しての書面での確認は必要です。

話を聞いてくれるか

弁護士に話すべきことはわかりますか。今までの毎月の返済額や返済方法、カードローンの利用目的でしょうか。何を話していいのかわからない。どうしていいかわからないから利用しているのが弁護士です。上手に聞き出して少しでも現状を楽にしてあげようという気持ちのある弁護士にであれば、話していることを聞いてくれますし、手続きなどで必要な情報を上手に聞き出してくれます。

担当弁護士が決まっているか

大手の法律事務所などだと契約時と担当者が異なる場合があります。契約時に色々相談したことをまた担当者に確認して・・・と手間が増えてしまいますし、話が伝わっているのかも不安です。まず、担当者がだれであるのか、解決するまで担当者が変わらないのかを確認すると良いです。

ちゃんと連絡がとれるか

依頼をしたのに全然連絡もしてくれないような弁護士だと不安です。また事務所に不在であれば再度電話をかけてくれる弁護士か。携帯なども着信履歴を確認して電話やメールをくれるかどうかなど。連絡がちゃんと取れる弁護士を見つけてください。


お問い合わせについて

何かご不明な点がございましたら、お気軽にご連絡さい。→メールでのお問い合わせ


▲ページトップに戻る