妻が勝手に借り入れした場合の夫の支払い義務

TOP > 旦那にバレた > 妻が勝手に借り入れした場合の夫の支払い義務

夫には返済義務はあるの?

基本的に妻が作った借金は夫に返済義務はないと思って大丈夫です。しかし、連帯保証人などになっていれば返済の義務はあります。

また、誰の名義のローンカードだったのか。誰の名前でお金を借りていたのかによっても異なります。

妻が勝手に妻の名義でローンカードを作り破産した場合で連帯保証人になっていない場合は支払いの義務はないです。

しかし連帯保証人になっていれば支払の義務はあります。

妻の買い物妻が勝手に夫の名義のローンカードを勝手に使い借り入れした場合は、返済義務は有りませんが、借金を逃れるためには被害届を出さないといけません。つまり妻が犯罪者になるということです。

なので多くの方が一緒に返済をしていくか、離婚をして自分で返済をしてもらうかのどちらかになります。

基本的には上記の決まりで返済の義務などが決まってくるのですが、夫婦間のお金の問題ってちょっと難しくなっています。

例えば、ローンカードで作った借金理由が生活費全般のためだとすると、夫は連責任を負い返済の義務があるようになります。

これは民法761条前段の日常家事債務と言って別ページでも紹介しているのですが、「夫婦と未成熟子が日常の家庭成果を営む上で通常必要とされる一切の事項」が日常家事と認められます。

日常家事には食費や光熱費、家具家電、車、医療費等が入りますが、これも見極めが難しいです。

バック1つにしても、買い物袋の代わりに使う「エコバック」とファッションを楽しむバーキン等の「ブランドもののバック」同じバックでも全く違います。シャネルのエコバッグは日常家事の範囲か?など見極めが難しいです。

贅沢品やエステなどに使い込んだ場合はまた別の話になってくるので、一概に言えないというのが最終的な判断で、弁護士などの専門家に相談するのが一番良いと言えます。


お問い合わせについて

何かご不明な点がございましたら、お気軽にご連絡さい。→メールでのお問い合わせ


▲ページトップに戻る