カードローンを利用している親って、、子供への影響

TOP >カードローンのデメリット > カードローンを利用している親って、、子供への影響

カードローンを利用している親って、、子供への影響

子ども

カードローンを利用するのにあたって、子供への影響として一番考えたいのが、将来的にローンなどが組めなくなる可能性や進学・就職に関して問題があるのかないのかという点です。

基本的に親がカードローンを利用しているから、将来住宅ローンや車のローンが組めなくなることはないと考えて大丈夫です。また、進学や就職に関しても利用しているから試験や面接に落ちる可能性はないでしょう。

ただし、普通に使っていればの話です。事故登録されるような使い方をしている場合は、なにかしら影響があるかもしれません。

進学や将来、子供が組むローンに関してはそんなに心配しなくても大丈夫です。

進学に関してはその学校の独自の方針があるので多少異なりますが、親の個人信用情報を調べて入学をさせるか、させないかを決める学校があるというのは、あまり聞いたこともないですし、信用情報もそう簡単には開示されないです。

また、ローンではあくまでも親は親。子どもは子ども。と別々に考えているので特に大きな問題もないでしょう。

しかし、就職に関して、万が一金融業界に入りたいとなると事故登録などを親がされていると影響がでる可能性もあります。なので、子どものためにも利用するのならきちんと返済をするようにして、事故登録などされないようにしてください。

カードローンと子供への影響

次に、子どもへの影響として、カードローンなんか使っていて子どもの教育とかお金への価値観とか・・・そういった部分で影響がでないかどうかが心配です。という声も結構あります。

学生

こればかりは、もうその親の教育方針、家族の雰囲気などもありますから、なんとも言いがたいのですが、子どもは思っているよりも親の姿を見ています。

自分自身が子どもだった時を思い出せば、なんとなくわかると思います。

なので、あまりにもお金がないことを全面に出して、カードローンの当たり前の様に使う姿を見て育つと、それが当たり前だと思います。もちろん、カードローン自体は悪いものではないし、返済をちゃんとすること。そこまでちゃんと教えてあげるのであれば話は別ですが。

生活費の使い方は学校ではなかなか教えてもらえない部分で、家庭でしかできない勉強かもしれません。カードローンもひとつの勉強のカテゴリーとして取り入れるのも良いと思います。

その際は便利だけど、怖い面もある事、メリットとデメリットをしっかりと教えてあげると良いのかも知れません。

また、上記にも書きましたが、万が一があると就職などには影響があるかもしれませんから、しっかりと責任をもって利用してもらいたいです。


お問い合わせについて

何かご不明な点がございましたら、お気軽にご連絡さい。→メールでのお問い合わせ


▲ページトップに戻る