病気と仕事

TOP >働いて収入を増やす > 病気と仕事

在職中に病気になってしまったら。

病気や怪我で働けないことがあります。もし、今在職中で怪我などで働けないのであれば国が管理する保証制度などが受けられますからそのお金でしばらく生活することができます。

病院

また、仕事中の怪我などが原因であれば、労災などもありますし、怪我の保険などに入っていればそれもおりますから、もらえるものは全てもらいましょう。

問題は病気や怪我で仕事なく就職できない状況の方です。 怪我の程度にもよりますが骨折などであれば、治るのを待ち就職活動を再開するのが良いです。

その間の収入は見込めません。骨折しているのに面接をして明日から働かせてくれる企業はよっぽどでないとないです。「怪我」はいつか治るものですそんなに心配しなくても大丈夫ですし、保険などを利用して生活費を工面してください。

病気の場合はその病気の具合によって仕事ができるかできないかの判断がつきます。風邪などの治る見込みのある病気であれば完治してから就職活動をして働くと良いです。

そして、治る見込みが薄い場合の病気でも様々な支援を受けて就職できるので利用すると良いです。うつ病などで長く休職していたりする場合は職場復帰支援(リワーク支援)というものが利用でき、生活リズムの立て直しやコミュニケーション・スキルの習得などができます。都道府県の地域障害者職業センターなどで実施していますから興味のある方は利用して再就職にチャレンジしてみるのも良いです。

その他、SLEやパニック障害など、仕事をすることが困難な病気があります。病気を乗り越えて働いている方もたくさんいます。自分自身、無理のないところで気持ちに余裕を持って働ける場所を探すと良いです。

特定疾患の認定など儲けられる場合があるので、色々と調べて生活費などの工面をしてそのうち働ける!大丈夫!と信じて、病気と向かい合っていく気持ちの余裕をもっていると良いのかもしれません。


お問い合わせについて

何かご不明な点がございましたら、お気軽にご連絡さい。→メールでのお問い合わせ


▲ページトップに戻る