定期預金の解約

定期預金は解約?減額?

定期預金の解約を考えているのであれば、まずは「減額」で続けられないかを考えてみましょう。

今、定期預金を3万円しているのであれば2万、1万・・・と変更できる銀行がほとんどなので、まずは減らす事を考えましょう。 定期預金は途中解約すると利子の利率も下がってしまいますから、解約はなるべく避けたいところです。

減額であればそのままの利子で利用ができますし、貯金をしておくことは社会的信頼が増えますしなにか今後大きなローンを組むときにもメリットになります。

定期預金の解約はそんなに難しい手続きはなく、通帳と登録した印鑑、身分証明書があれば簡単に解約できてしまいます。 また、保険などと違い元本割れなどの心配もなく、途中解約したところで入金したお金以上になって手元にもどってくるので安心して解約はできます。

でも、ここでもう一度踏みとどまってください。 本当に解約しないといけないものか、どうしてもの場合にすることをおすすめします。

また、最近では銀行にもフィナンシャルプランナーがいて家計診断や保険の紹介などもしてくれるので定期預金の解約を考えたのであれば一旦、プロのフィナンシャルプランナーに相談するのが一番良い節約方法にもつながります。

銀行以外にも生命保険の担当者の方などもフィナンシャルプランナーの資格を持っている方がいると思います。その方に相談するのも良いですし、インターネットで「フィナンシャルプランナー 無料相談」などと検索すると相談にのってくれるプロの方がホームページなどを持っているので参考になると思います。

定期預金は残しておいて、ちょっとお金に困ったりした時はカードローンを利用して定期預金は続ける・・・などの方法もありますから、色々と相談すると良いです。

通帳

運営スタッフのコメント

  定期預金って何もしないでも給料の振込口座から引き落としになっていれば勝手に溜まっていくので本当に便利ですよね。私も結婚した当初主人と定期預金をしていました。二人だけでの生活ですし、ほとんど自炊で共働き。

そんなにお金のかかる趣味もなく生活していたので月に数万円を定期預金で貯金していましたが、子どもが生まれてマイホームを持って・・・なんてしたら、数万円定期預金していたのも、1万円の定期預金に(笑)でもまた余裕が出てきて数万円にはなりましたが。

でも、こうやって減額もできるので是非、私としては減額をおすすめしたいですね!



お問い合わせについて

何かご不明な点がございましたら、お気軽にご連絡さい。→メールでのお問い合わせ


▲ページトップに戻る