カードローンは怖いものではない

TOP > カードローンは怖いものではない

「カードローン」は怖いと思っていませんか?

カードローンって利用するのに「怖い」などのイメージがありませんか。それって普通のことなんです。むしろその考えを無くさないようにしておくことも大切なことなんですね。

これだけ、カードローンが一般的になっている中で、「お金を借りる」ということが普通のこととして流されているような感じになっています。でも本来、人のお金を使うこと。それは悪いことではないですが、必ず期間内に返済しないといけない物だということを、忘れてはいけません。

こうした中、カードローンが「怖い」という感覚は何が原因でしょうか。多くが返済できなかった場合。主人(家族)にバレた場合でしょうか。他には、一度カードローンを利用すると他のローンなどが組みにくくなるなど・・・

そういった「怖い」を解決していきましょう。

滞納した場合

返済を滞納して場合は、連絡がない場合は銀行側から電話などの支払いの確認があります。一日二日遅れた程度ではあまり連絡は無いのですが、数日間返済の確認が取れないと電話連絡やはがきなどで、支払いの予定日が過ぎていますよ・・・という内容の連絡がきます。

この時点では、また融資を受けた銀行からの連絡が多く、対応も紳士的ですし、主人(家族)にも知られないように配慮してくれることが多いです。 返済の予定のめどが立たなくても、こういった連絡が来た時点で話をしておくことで、次へのステップがなくなり、返済を待ってくれることもありますから、ちゃんと話をするようにしましょう。

無視したりすると、延滞金・・・「遅延損害金」といいます。迷惑料のようなものを支払わないと行けません。基本的に遅れた日数分の日割り計算での支払いですので、1日でも早く支払いしたほうが良いです。もちろん、無視しなくても返済が遅れれば遅延損害金は支払わないといけない場合もあります。

次のステップとしては、支払いが無い場合、または連絡が取れない場合は毎日の様に電話がかかってきます。主人(家族)へ連絡がいく可能性もあるので、知られてしまう可能性が上がります。また、直接自宅などに訪問する場合もあり、訪問までには延滞してから約1ヶ月の期間がかかります。

それでも支払いをしない場合、連絡が取れない場合は「法的措置」をしますよ。という内容の督促がきます。法的措置は裁判所から支払い命令が出されることです。

これらの手立てをしても、連絡も取れないし、返済もしないと銀行側は専門の債権回収会社にとりたてを依頼します。銀行が依頼するのは法務省が債権管理回収業の営業を許可した会社ですから賃金法を守り対応してくれます。

よくテレビドラマなどで見るようなチンピラ風の怖いお兄さんが玄関のドアをどんどん叩く・・・なんてことはまず無いですし、基本的には電話連絡が多いです。もちろん、訪問時も大人数で急に自宅にくるのではなく2名程度で「話し合い」をするためにきてくれるので、自分の状況をきちんと伝えて、いつまでにいくら返せるのかを明確にいいましょう。

どうでしょうか。万が一支払いができなくなったとしても、突然怖い人が家にきたりして脅されるようなことはなく、話し合いをしましょう。と何度も言ってくれます。それを無視することによって話が紛らわしく、面倒になってくるのです。話し合いをする意思を見せて、支払えなくなったことを伝え助けてもらうぐらいのイメージで大丈夫です。

そして主人(家族)に急に連絡をされてしまうことはとりあえずないので、自分に連絡がきたらそこでストップをかけて解決できますから、安心して利用ができます。

主人(家族)にバレてしまった

他のカテゴリーでも、同じような内容があるのですが、コチラでも紹介しておきます。

内緒にしていたものが知られてしまう恐怖はなんとも言えないものがありますね。特にお金の事になるといくら夫婦とはいえ、他人になってしまうことが多く、キャッシングなどの金融商品が絡むと話はゴチャゴチャになりますね。

まず、知られてしまった(バレてしまった)時にどうやって話し合いをしていくか。

様々なことを想定しておくと良いかもしれませんね。

そもそも、内緒・・・秘密・・・知られないようになどなど、都合のいい話なんですね。一つ屋根の下、いつかは知られてしまうものだと、覚悟しておくのも方法かもしれません。

そして、キャッシングを利用した理由をちゃんとしておくことが大切です。

生活費やショッピングなど理由はあると思います。

生活費はそのまま、生きていくための食事代や日用品などの購入費が足りないため。これで理由は十分です。きちんとやりくりしてどうしても足りないのなら知られた時にも説明がつきますね。この場合は家計簿などをまめに付けておくと、後から説明するときにも役に立ちます。

次にショッピングの場合。

生活費より厄介なのがショッピング目的のキャッシングです。傾向としてはショッピングでのキャッシング利用者はキャッシングが癖になってしまっていることが多く、融資をうけている金額も多いことです。また、理由も子育てや介護にイライラしていたから、自分にはお小遣いがなかったからなど。「我慢ができない」「気持ちの問題」のことが理由としてあげられると、話し合いもメチャクチャになりがちです。

なので、気持ちの整理をして、本当に必要なのかを考えて利用すること。バレてしまった時にちゃんと説明ができるようにしておくようにしましょう。

その他、愛人との遊び金や医療費などなど。使った理由を考えておくことをおすすめします。

愛人関係は泥沼化するので注意してください・・・

知られてしまった時の対処を考えておくだけでだいぶ「怖い」という気持ちは薄れてきますから、キャッシングをした理由をちゃんと揃えておくと良いです。

他のローンへの影響

カードローンを使っている専業主婦の方が考えるのは「自分が他のローンを組む事になったら」というよりは主人(家族)が他のローンを組むことになったら・・・と考えますね。主にはマイカーローンや住宅ローンですね。この審査に自分のカードローンが影響しないかどうかですね。

結論からいうと、影響は無いと考えて大丈夫です。普通に使ってちゃんと返済していれば問題無いです。そもそも、ローンを組むのが主人(家族)ならその人だけの信用情報を調べるので妻(配偶者)が調べられることはないです。

なので、住宅ローンやマイカーローンの審査でカードローンのことが主人(家族)にしられてしまうことは無いと思って良いです。

これで、知られてしまう怖さと他のローンが利用できなくなる怖さも解決です。

ただし、共有名義などにする場合は関係してくるので、審査を受けるときには借り入れしている残価があるのであれば、一括返済などをするか、もしくはカードローンを解約すると良いです。

また、自分の名義で住宅ローンやマイカーローンを考えているのであれば、カードローンは一括返済をしておくこと。解約もしておくことが無難です。専業主婦が住宅ローンやマイカーローンは仕事をしていないので利用できることはないと思いますが、参考までに紹介しておきます。


お問い合わせについて

何かご不明な点がございましたら、お気軽にご連絡さい。→メールでのお問い合わせ


▲ページトップに戻る